注目キーワード
YEAR

2022年

民泊の対象となる物件の2大要件

全て必要な設備要件 以下の設備は、全てが必要となります。 台所 浴室 便所 洗面設備  質問者Aさん Q:浴槽がなくシャワーだけの浴室でも認められますか?  行政書士しばた A:認められます。  質問者Aさん Q:浴室、便所、洗面所が1つにまとまっている、いわゆるユニットバスは、認められますか?  行政書士しばた A:認められます。  質問者Aさん […]

民泊、条例による制限(東京23区編)

民泊の制限とは?  現在、民泊を行うためには、以下1~3のうち、どれかの方法により行うことになります。 旅館業法(簡易宿所)の許可 国家戦略特区法(特区民泊)の認定 住宅宿泊事業法の届出  このうちの、【3.住宅宿泊事業法の届出】に関する、制限のお話です。 この住宅宿泊事業法の中で、条例により実施の制限をすることができる旨(※1)が定められています。各自治体が、その区域の状況に合わせて、地域・曜日 […]

宿泊施設いろいろ、何が違う?

 質問者Aさん 民泊と旅館やホテルって何が違うのですか?  行政書士しばた それぞれ営業を開始するための要件、営業していく中で守らなければならないルールが違います。その要件やルールの根拠となっている親分が法律です。違いを一言でいうなら、「縛られている法律の違い」です。【民泊→住宅宿泊事業法】、【旅館ホテル→旅館業法】が、それぞれの親分です。以下に、それぞれの施設における親分をま […]

民泊2022

今、なぜ、民泊なのか?  私は、コロナ以前から、東京23区内を中心として、住宅宿泊事業法による民泊届出および、旅館業法による旅館業申請を請け負わせていただき、コロナ禍においての、ホスト様、事業者様の大変さも、多少なりとも共感できる立場です。  旅が好きで、これまで何度も旅行によって、ストレスを癒し、元気をもらってきた私にとって、このコロナ禍は大変辛い時期です。しかし、このような時だからこそ、日本の […]

>とりあえず…で結構です。

とりあえず…で結構です。

大田区の行政書士事務所です。 横浜エリアから東京都内まで、 幅広く対応させていただいております。 まずは、無料相談をご利用ください。

CTR IMG